FXにおける情報収集

FX比較においては為替レートの動きを予測することが重要となるわけですが、動きを予想するためにはさまざまな情報収集が重要となります。 為替レートは人の心理で動いているわけですから、人の心理を動かすものはなんなのかを入手することが重要となります。 まず注目したいのはニュースです。 人々の心理を動かすものとしてニュースは大きな影響をもっているといってもいいでしょう。 特に各国政府が発表するものは重要なものとなります。 例えば政府が金融緩和を強力にすすめていくというような発表をすると為替市場は大きく動く可能性があります。 金融緩和ということは市場に大量のお金をつぎこむということですから、その国で流通する通貨の量が多くなる可能性を示唆します。 通貨の量が多くなればそれは通貨の価値が下がることを意味しますから、その国の通貨の価値は下落する可能性が高いといったことになります。 このように政府が発表する政策などは為替市場と大きな関係がありますので、情報収集先としてニュースはかかせないものともいえるでしょう。 また、政府は民間の調査団体が発表するような経済指標も為替市場を動かします。 その国の景気がいいことを示すような数値がでますと、その国の通貨は買われる可能性が高くなります。 景気のいい国の通貨はそれだけ信用がたかくなるのですから、多くの人が欲しがるだろうという心理が働くとかんがえられるからです。 逆に景気が悪いとされるような数値が発表されると売られる可能性が高くなります。